阪神大山は岡本より上!伝統系譜受け継げ/吉田義男 - 評論家コラム - 野球コラム - 日刊スポーツ
阪神が巨人に連勝し、2位の座を守った。4番大山悠輔が先制の9号3ランを放つなど4打点の活躍。先発高橋遥人は7回2失点で今季初勝利を挙げた。日刊スポーツ客員 ...
(出典:日刊スポーツ)


吉田 義男(よしだ よしお、1933年7月26日 - )は、京都府京都市中京区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・コーチ・監督、野球解説者、野球評論家、タレントである。 現役時代は「牛若丸」と称され、華麗かつ堅実な守備で知られた守備の達人であった。引退後は3度にわたって阪神タイガースの監督を
46キロバイト (6,478 語) - 2019年5月15日 (水) 10:31



(出典 i.japan-baseball.jp)


OB評論家からも心強いエールですo(^o^)o

1 風吹けば名無し :2019/05/30(木) 23:12:59.25

阪神が広島戦に向けて追撃態勢を整えた。巨人に連勝で弾みをつけて敵地に乗り込むことができる。

吉田 楽勝でしたな。ここにきて大山に安定感がでてきた。なにごとも一足飛びにはいきません。それはなにかというと「4番」で辛抱して、辛抱して使い続けてきたからですわ。
1回のホームランは風に乗ったとはいえ、先に点をとることができたのが大きい。そして、特に5回の中押しの一打が効いた。2ストライクと追い込まれたあとにしぶとく中前に運びましたな。

今シーズンの大山は全試合に「4番」に座って、ここのところ9試合連続安打で好調をキープしている。

吉田 まだ課程にあるとはいえ、攻守に成長がうかがえる。まさに「4番」の仕事だった。一言いわせてもらうと、総合的にみて巨人4番の岡本より上。
タイガースの生え抜きで「右の4番」といえば、藤村富美男さん、田淵幸一…といった名前が思い浮かぶが、大山にはぜひともその系譜を受け継いでほしいんですわ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-05301166-nksports-base